ここ最近とても寒いですが

 

久しぶりに見る雪雪に少しだけ気持ちがワクワクハート

 

 

でも、大雪に見舞われている地域もありますので、

どうぞお気をつけくださいね。

 

 

 

さて!

そんな寒い日が続くと、ついつい体を動かすことが少なくなり

体が浮腫みやすくなってしまいます。

 

そこで今回は、「浮腫みからくる肌トラブル」の

お話をさせていただこうと思います!

 

 

 

 

 

 

◆浮腫みが肌トラブルにつながる??

朝、起きたら顔がパンパンになっている経験って
きっと誰でもあるのではないでしょうか。

 

特に、代謝が落ちやすくなるこの季節に感じやすいです。

「昨日は食べ過ぎた(水分摂り過ぎた)から仕方ないわ〜!」とか、

ブーツがきつい!!!とか汗

 

 

 

でも意外とこういう浮腫みは、軽視しがちだったりするのも事実。

 

2a3bca61f77a218c686389da1efb78c3_s 

外出がある時は困りものですが、時間が経てば浮腫みも落ち着きますから
結構安心していたりしていませんか?

今回は、意外と知られていない、浮腫みが引き起こす
肌トラブルについてお伝えいたします。  

 

 

 

 

 

◆浮腫みは何故おこるのか?

浮腫みが起こるメカニズムを知ろう!

浮腫みとは、リンパの流れが滞ることから始まります。 


そして、 
●余分な水分や老廃物、毒素が体内に蓄積される 
●栄養素を取り込みにくくなることで、免疫力を低下させる 

状態になります。 

そのため、朝起きると瞼や頬がパンパンになっているというわけですね。 



611124

 

 

◆【浮腫みが当たり前体質】になると危険〜!

浮腫みはクセ付いてしまうことがある!

朝浮腫んでいても、お昼や夕方になると戻ることが多いので 
あまり深く考えないという方も多いのではないでしょうか? 

でも、浮腫みは慢性化することがありますえー

397aa24f00bf3b63ba7474693d68d2ef_s 

慢性化しますと、浮腫みは定着して
●お顔が一回り、二回りも大きくなり『顔太り』 
●口元のたるみ、瞼・目の下のたるみ といったお肌トラブルが発生

しやすくなります。


◆浮腫みは体に変化が・・

セルライト(脂肪細胞の固まり)を作り出す結果にもつながります・・・。 

セルライトができると、更に血管中の血液やリンパの流れを滞らせるため、
お肌は勿論 体調にも良くない影響(症状)が発生。

特に、気温が下がる季節に感じる方が多いです。
病気などにも繋がりやすいので、気をつけなければいけませんね。

即対処!がベスト ★浮腫み解消法★

と!言う事で日々の習慣でむくみを取り除き、顔太り、目元のタルミ、
ほうれい線を発生させないようにしておくことがポイントです。 

特に、デコルテ(首)付近は、リンパ液の最終出口鎖骨に近い部分なので、 
リンパ液が詰まりやすく、常に流さないとタルミ、むくみが目立ちます。 

そこで!!

気軽にできる〜浮腫み解消法〜

”畸覆離好ンケア後に、首元にジェルやクリームなどを塗布。
∈減森を中指と薬指を使ってはさみ、優しく撫ぜるようにして15回リンパを流す

無題リンパ 

左鎖骨を中指と薬指を使ってはさみ、優しく撫ぜるようにして15回リンパを流す

このように、スキンケアを行う際のついでに、鎖骨の老廃物を流すだけでも、 
むくみがましになります。 

または、お風呂で身体を洗うときに、石鹸のすべりを利用して↓を行ってもOK!

 

 

と言う事で、毎日「ついで」で浮腫みを起こさせないことは可能ですよ。

 

疲れていたり、体がいつも以上に冷えたときこそ、是非試してみてくださいね。

 

 

 


 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM