こんにちは!Kaorikoです。

 

暖かくなりましたね。

日差しの強さも、数ヶ月前とは違うものになってきました。

 

特に春の日差しは、どの季節よりも強いと言われていますから、

しっかりと対処しなければいけませんね。

 

 

でも、きちんと「紫外線の性質」を知って

対処をすることが大切です。

 

 

そこで今回は、紫外線の種類について書いていこうと思います。

 

宜しければ、参考にしてくださいね!

 

 

 

 

 

種類によって肌への影響が・・・

私達が浴びている紫外線には種類があり、お肌や体への影響も違うってご存知ですか?

その種類は、3つ。

A波・B波・C波の3種類で、これらは紫外線の長さ(皮膚深部に入る深さ、波長)で分類されます。

これ、聞かれたことがあるかもしれませんね。

 

では、ABCそれぞれの種類をお伝えしていきましょう。

上で紫外線の種類は、皮膚深部に入る深さで分類されていると書かせていただきましたが、

<1番長い(深く入る)ものがA波⇒次にB波⇒1番短いものがC波となっています。
 

ただ、C波はオゾン層があることで地球上には侵入しにくくなっていますから

「オゾン層の破壊が進んでいる」とは言え、主に私達が浴びているのはA波とB波です。

では、この地球上に降り注いでいる紫外線A波・B波の違いを見ていきましょう。
 

 

 

A波(UVA)

私たちがいつも浴びている紫外線は主にこれ!
波長は315〜400㎚で、紫外線の約90%がこのUVA。

真皮まで届きメラノサイトの活動を活発化させやすく、

雲やガラスも突き抜けて侵入してくるっという、

ちょっとやっかいな紫外線。

 b64956333bd0c43f390f3561ed16fbc9_s 

B波(UVB)

波長が短く、280〜315㎚です。

ほとんどは表面(表皮)に止まり、5月から9月にかけてつよくなってきます。
刺激はA波よりも強いと言われています。

ただ雲などに遮られると、侵入しにくくなる紫外線でもあります。
a0f468d62c45085c4914745545657bb1_s

これが、私達が主に受けている紫外線の違いです。  

 

 

 

 

 

 

では、特にお肌に影響しやすい紫外線はどれだと思いますか?

 

答えは、B波(UVB)

特に、敏感肌さんに大きく影響を与えるのはB波なんですよ。

海やプールに行った時、赤く火照ったりヒリヒリするあの状態にしてしまうのが、

何を隠そうこのB波の影響(||゚Д゚)

 



※モチロン!!A波も影響はあります。

地上に降り注ぐと、深いところにまで侵入するため、

お肌を支えるコラーゲンの破壊へと繋がりますから、

深いシワやタルミなど老化を進めやすくなるんですよ。

 toddler-640091_640  

なぜ?B波が影響を与えるの?

まず真皮側から表皮の基底層(細胞を生む母細胞)に接している

毛細血管が集まった乳頭層という部分があります。


そこにUVBを受けることで毛細血管が充血を起こし、

火照りや赤み、ヒリヒリが 起こりやすくなるのです。 

さらに乳頭層がUVBを受けることで未熟なままターンオーバーしやすくなるため、

弱々しいひ弱な角質層が作られてしまうのです。 


特に敏感肌の場合は、角質層の厚みがない(=薄い)保水力の低下した状態ですから、

UVBを受けることで元々少ない角質層の水分がさらに蒸発してしまい、

角質が剥がれやすくなります。 


また毛細血管が充血して皮膚温度が上がっても、

角質層に水分が保持されていないため熱を冷却することができません。 



ですから、火照りや頬の赤みがなかなか治まらず、継続してしまうのです。 



特に春からはどんどん紫外線B波(A波もですが)の量が増えてきますので、

本当に注意が必要なのです。 

ad2b2fcde1c82528042586dad8b66967_s

紫外線B波に負けない対策&注意!

UVケアアイテムの選び方

そこで、紫外線B派からお肌を守るために、UVケアアイテムの選び方を知っておく必要がありますね。r

紫外線B波を防ぎやすくするには、SPFに注目 紫外線吸収剤と言われていて、

吸収した紫外線を熱エネルギーに変えることで有害な紫外線から守ってくれます。

しかもUVBによる皮膚温度の上昇、火照りなどが起こる時間を遅めます。

ただSPFは数値が高くなるほど皮膚へのリスクが高まりますので、

日々の通勤位でしたら本来はSPF15までを目安に選ぶと良いですよ。

ちなみに、日焼け止めの量は500円玉くらいの量を塗り、

2〜3時間ごとに上から塗りなおすことが

日焼け止めの効果を、より得られます。
 

!注意!

また、長時間屋外にいらっしゃる場合や、リゾートなどの場合は、

SPF値を上げるよりも低いものを何度も塗り直すことがポイントです。

※SPF値が高くなるほど、クレンジングや洗顔で取れにくくなります。
すると、しっかり洗顔をすることになりますから、お肌の健康維持にも大切な “角質層の厚みをつくる”ことから遠ざかってしまうことも理由の1つです。

 

 

最後に、UV効果を発揮させるための、

おまけのポイントもお伝えいたします!

.螢ッドファンデよりもパウダリーファンデを選びましょう。 

パウダリーファンデはリキッドファンデと違い、細かい粒子をお肌に乗せる状態になります。

ですので紫外線を粒子によって乱反射しやすくするので、例え低いSPFでも UVカット力がアップしますよ。
※またリキッドファンデに比べると油分が少ないため、皮膚呼吸の妨げになりにくく酸化によるくすみも軽減されます。

 

 

 

 

 

 

▲汽鵐哀薀垢覆匹鬚Δ泙活用する

 

外出時はサングラスや帽子、日傘などを上手く活用しましょう。
特にサングラスを活用するのがおススメで、サングラスは眼球の角膜の日焼けを防いでくれます。
「目から日焼けする」という話を耳にしたことはありませんか?

その話は本当の話で、角膜が日焼けをしてしまうと、

脳からメラノサイトにメラニン色素をつくるよう、指示を出してしまうのです。

その結果、お肌のシミやくすみに繋がってしまうのです。

ですから、サングラスはとても重要な役割をしてくれるアイテムなのです。

サングラス外国人女性


 

数日前から体内準備も大切!

思いっきり日差しを浴びて日焼けをしそうなイベントなどがある場合は、

3〜4日程前からβ-カロテンを摂るスケジュールを組むと良いですよ。

ニンジン、トマト、かぼちゃ、ほうれん草などのβ-カロテンは、

紫外線によって 皮膚の赤みや火照りが起こるのを遅めてくれる働きがあります。

carrot-juice-1623157_640

しかもβ-カロテンは熱を加えても変性しないため、ミキサーでジュースにしたり、

煮物やサラダにしたりと飽きずに摂ることができます。

できれば、数日前からと言わず、 普段から色々と工夫して毎日摂ると良いですね。

以上の事を意識して、紫外線からお肌を守り外出するのが楽しい日々をお過ごしください!
 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM