ワタクシガ持っているのインスタのアカウントへ、
フォロワー様からメッセージでお肌の相談を

頂くことが実はあるんですハート

 

今回は、その中で頂いた質問に答えさせていただこうと思います♪

 

 

お題は、ニキビ=多い皮脂と食材の関係です。

(ご質問ありがとうございます♪♪)

8e8e3417334b999b9d895c295af4a063_t

 

 

よくニキビにとって、良くない食べ合わせについてや、
なるべく摂取を控えたほうが良い食材などを目にすることは

多いのではないかと思います。

 

 

でも今回は、ニキビでお悩みの方にぜひ摂取していただきたい
食材についてお伝えさせていただこうとおもいます。

よろしければご参考になさってくださいね。

 

 



ニキビ肌が発生してしまうのはナゼ?

 

まずは、ニキビの原因を知ろう

すでにご存知かも知れませんが、

ニキビの原因は基本的に皮脂が鍵を握っています。


「皮脂が過剰であること」が全ての原因ではない場合もありますが、
これが原因であるケースはとても多いんですよねー。

 

私が長年見てきた、ニキビに悩まれている方もそういう場合が多かったです。

 

 


本来であれば、皮脂が過剰であっても毛穴から上手く排泄しきれていれば、
ニキビなどできることはないんですよハート

 

でも、ニキビ・・として形を変えてしまう理由は、

毛穴付近で皮脂が排泄しきれずとどまってしまっている場合、

菌が繁殖してニキビや吹出物へとつながっていくのです。

 

 



ですから、ニキビなどを引き起こさせない為の方法としては、

スキンケアや睡眠をとるなどの対策も必要ですが、
何よりも、過剰な皮脂を押さえることが近道!!というわけですね指

acne-1606765_640

 

ビタミン別の働きについて

そこで、皮脂を押さえやすくする食材を選ぶのに
注目していただきたい成分があります。


それは【ビタミン】です。



そして数あるビタミンの中でも、皮脂を押さえやすくするビタミンが存在します。



それは以下の3種類。

・ビタミンB2

皮膚、髪の毛や爪などの形成に重要なビタミン。
また、過酸化脂質を分解するはたらきがある栄養素です。
ちなみに、糖質も分解してくれるので、更にニキビ肌には大切です。


・ビタミンB6
たんぱく質を分解し、皮脂を抑制させること以外にも、

細胞を作れるようターンオーバーの促進作用があります。


その為、ニキビそのものにはもちろん、ニキビ跡にも期待できる
栄養素と言えます。


・ビタミンC
コラーゲン生成をさせやすくし、傷の再生を促すことが可能に。
ですから、ニキビの炎症やニキビを触ったことで出血等した時に、

戻りやすくなることに期待ができます。

1ce9dfe9b1c8d13046df386cf1693335_t

っという、すぐれた素質を持ったビタミンがおススメなのです。

 

是非、日々の食生活などに取り入れてみてください。

 

でも、それらのビタミンはどんな食材に含まれているのでしょうか?

 

また、どの食材が多く該当のビタミンが入っているのでしょうか?

 

 

 

 

 

ビタミンが含まれる食材色々

次に、それぞれのビタミンに該当する食材をお伝えいたします。

各ビタミンが多く配合されている食材はこちら
↓↓↓

・ビタミンB2

豚肉

味噌
乾燥パセリ
岩のり
等...

 

 

・ビタミンB6

バジル
コメヌカ
にんにく
まぐろ(生)
抹茶
納豆
等...




・ビタミンC

煎茶
アセロラ
乾燥パセリ
青汁
焼きのり
等...


これらが代表的な、多く含まれている食材です。

勿論、これら以外にも該当する食材はいくつもありますよ。

 

 

ニキビには、ただ「野菜も摂らなきゃ」「肉よりも魚を食べないと」ではなく、
ピンポイントでニキビに効果的な食材を選ぶことが大切です。



8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_t

 

是非、美味しくお肌に良いものを召し上がって
ニキビ知らずのお肌に近づいていってくださいね。

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM